大原写生会について

大原写生会のあゆみ

1955年頃 長沢節がセツ・モードセミナーの生徒を引き連れ各地で写生会を行い始める。

 

1970から75年頃 セツ・モードセミナー主催による大原写生会スタート(国民宿舎利用)。毎年数百名の生徒が同地を訪れるなど春の風物詩化する。

 

1992年 国民宿舎閉鎖を受け地元の船宿が利用の中心となる。

 

1999年 長沢節、写生会中の自転車事故が原因で死亡。

2017年 セツ・モードセミナー閉校。

2019年 セツ・モードセミナー卒有志を中心に大原写生会再スタート。50名参加(長沢節没20年)。いすみ市在住の洋画家ミズテツオ氏(みずしまてつお)来訪。

2020年 オンライン会開催(5/30・31)。99作品応募。NPO法人いすみライフスタイル研究所等協賛。

2021年 オンライン会開催予定(5/29・30)。いすみ市後援化。160作品応募。ギャラリーゑいじう、いすみライフスタイル研究所、アドビ、いすみ鉄道、クサカベ、いすみラーニングセンター協賛、

2022年 大原漁港現地とオンライン(5/28・29)同時開催予定。

The history of Ohara Sketch

around 1955 Setsu Nagasawa started taking students of Setsu Mode Seminar to do plain air sketching in various places he visits.

Around 1970 to 75 the Ohara Sketch was organized and started as a school event. (Stayed at National Youth Hostel) With over a hundred students visiting Ohara each year, it became a spring tradition for locals.

1992 With the closing of the National Youth Hostel, started using local boathouse. 

1999 Setsu Nagasawa passed away due to a cycling accident during the Ohara Sketch event.

2017 Setsu Mode Seminar closed

2019  As the 20th memorial year of Setsu Nagasawa's death, the volunteer graduates of Setsu Mode Seminar restarted the Ohara Sketch.  Isumi City local artist Tetsuo Mizushima joined.

2020  Ohara Sketch "On-line" was held on May 30th and 31st.

2021  Ohara Sketch "On-line" was held on May 29th and 30st.
Became an official "supported by Isumi City" event.


2022  Ohara Sketch 2022 will be held on May 28th and 29th.